2017ファッション春 > レディース春デニム!薄い色の淡色デニムにする?それとも濃い色?

春デニム!薄い色の淡色デニムにする?それとも濃い色?

今年のレディース春ファションでは、デニム素材のアイテムもトレンドになってますよね。

基本的に、今年の春夏シーズンのハイブランドのコレクションでは、70年代のヒッピーファッションやグラムロックっぽいデザインの洋服がたくさん発表されてたので、その流れで、デニム素材のアイテムも流行って来てるようです。

デニムと言えば、薄い色の淡色ブルーデニムにしようか、濃い色のインディゴブルーデニムにしようか、ちょっと悩ましいところですが、今年は、薄い色と濃い色で、それぞれ、トレンドになってるアイテムに特徴があります。

淡色デニムは、クラッシュデニム
淡色デニム クラッシュデニム

薄い色の淡色デニムでトレンドになってるのは、ブームが再び盛り上がって来てる感じのクラッシュデニム。

一番左は、イタリアのロベルト・カヴァリ(roberto cavalli)が、ミラノコレクションで発表したクラッシュデニムジーンズ。

真ん中が、プチプラファッション通販のGRLで買えるボーイズクラッシュデニム。

一番右が、同じくプチプラショップの「titibate」で買えるボーイズダメージデニムです。

薄い青のデニムは、黒にも合うけれど、春っぽいパステルカラーのトップスとの相性もいいですよね。

ミントグリーンやダスティピンクみたいな色合いのニットをトップスに持って来れば、70年代のL.A風、明るくて、春っぽいコーデが組めます。

濃い色のデニムは、きれいめデニム
濃色デニム デニムシャツ

一方の濃い色のデニムは、ワンピースやシャツなど、デニムでありながらも、ちょっときれいめなデザインに進化したものが登場して来ています。

一番左は、フランスのクロエがパリ・コレクションで発表したデニムワンピース。

真ん中と右が、プチプラショップ「titivate」で買えるロングデニムシャツです。

今年は、Gジャンなんかもちょっときれいめなデザインのものが出て来てるんですよね。

さらに、進化系デニムで言うと、今までは、見かけなかったフード付きのGジャンや、厳密に言うとデニム素材ではないのだけれどデニムに見える「デニム見えアイテム」なども登場して来ています。

デニム見えアイテム デニム見えアイテム

10代~20代ではないので「デニムが流行ってるって言っても、コーデに取り入れるのはちょっとなぁ」っていう、30代~40代の女性でも、今季は「デニムっぽい色合いだけど実はニット」なんてアイテムも出てるので、そういうアイテムで、トレンドを取り入れるのもおすすめです。