2017ファッション春 > ゆったり春ニット

2017年の春ニットは、どんなデザインがトレンド?

まだ、ちょっと寒い日もあるのだけど、春気分を出したい時には、パステルカラーのニットがいいですよね。

ViViやSweetに載るような各ブランドの春ニットの新作をチェックしてみると、今年は、ローゲージで、ざっくりと編んだものが多く出てるようです。

パステルカラーニット

「ゲージ」って言うのは、ニットを編むときの針の大きさの単位のこと。

低い数字ほど、針のサイズが大きくなり、編み目もでっかくなります。

ケーブル柄の丸首セーター、畦編みのロングカーデ、裏目使いの長袖トップスなどなど…手編みのような雰囲気を感じさせる春の新作が多いですね。

デザイン的に言うと、オフショルや、袖にレースアップが入っているものなど、どこか「抜け感」のあるアイテムが増えています。

「早く春物を着たいなぁ。でも、ちょっと寒い」

そんな時には、アウターの下に着るニットをパステルカラーにするだけでも、春気分が上がって、新鮮な印象を出せますよ。

羽織モノのカーデとか、ニットのアウターだけでも大丈夫そうな気温になって来たら、今年は、ざっくり編みで、コートみたいな丈のロングカーデを狙ってみるのも面白いかもです。

定番では、春っぽい花柄のスカートに、パステルカラーのニットセーターを合わせるのがおすすめ。

ミモレ丈スカートの流れから、今年の春は、ワイドパンツもトレンドになってるので、カジュアルなワンドパンツに、ロゴニットを合わせてみる…っていう手もあります。