2017ファッション春 > レトロファッション!今年のレディース春服はレトロな花柄がトレンド

レトロファッション!今年のレディース春服はレトロな花柄がトレンド

レディースファッションのトレンドは「何十年かの周期で繰り返す」とは、よく言われる事ですが、2017年の海外ブランドの春夏コレクションでは、ヴィンテージっぽい色合いの装飾が多かったからか、国内ブランドの春の新作でも、花柄や刺繍アイテムは、レトロファッションっぽいデザインのものが大豊作になっています。

花柄刺繍ショート丈ジャケット
花柄刺しゅう エンブロイダリージャケット スナイデル snidel

ゆるっとした春アウターが流行する中、大人可愛い服に、その年、その年の春服トレンドを取り入れるのが、とても上手なブランド「スナイデル(snidel)」からは、袖のラインがゆったりとしたレトロな花柄刺繍入りジャケットが登場しました。

後身頃よりも前身頃の方がショート丈になっていて、ヴィンテージなテイストの袖のフラワーモチーフは、エンブロイダリーデザインになっています。

エキゾチックな雰囲気なので、ボヘミアンファッション風の春コーデにすることも可能。

写真のようなグランドが黒の生地に赤や白の花柄刺繍が入ったタイプのほか、グランドが白の生地に黄色やピンクのフラワー刺繍が入った色違いジャケットもあります。

ヴィンテージな花柄刺繍シャツ
ヴィンテージな花柄刺繍シャツ リリーブラウン Lily Brown

そもそも、ブランドのコンセプトからして可愛いレトロファッションを志向しているリリーブラウン(Lily Brown)からは、白シャツに花柄刺繍が散りばめられたフェミニンなトップスが登場しています。

2017年の春ファッションでは「トップスイン」の春コーデもトレンドになっていますが、Lily Brownの春シャツは、前より後ろの方が丈が長いデザインになっているので、シャツの前だけインする着こなしもやりやすくなっています。

全面花柄刺繍で、お揃いのスカートもあるので、上下お揃いで買って「フェミニンなセットアップ」のように着ることも出来るし、また、今年の春トレンドになっているサッシュベルトをウエストに巻けば、可愛い花柄ワンピースのようにして着ることも出来ます。

レトロな花柄ガウチョパンツ
レトロな花柄ガウチョパンツ INGNI イング

20代~30代の女性に人気のプチプラファッションブランド、イング(INGNI)の花柄モチーフの新作では、全面にヴィンテージライクなフラワー柄をプリントしたスカンツが人気です。

スカートのように見えるタイプのガウチョパンツで、ふわッとしたゆったりシルエットに加えて、ウエストの後ろもゴム仕様になっているので、履き心地も楽なのが魅力。

また、ウエスト部分は、股上が深めのハイウエストデザインになっているので、トップスの裾をボトムスに入れる着こなしにすれば、脚を長く見せてスタイルアップの効果も期待できます。

靴は、パンプスやミュール、厚底サンダルのほか、スニーカーを合わせても可愛い春コーデになります。

チョーカー付き刺繍ブラウス
花柄刺しゅう エンブロイダリージャケット スナイデル snidel

10代後半~20代の女子に人気のプチプラファッション通販「GRL(グレイル)」の春ブラウスでは、襟元に70年代っぽい花柄刺繍が入ったチョーカー付きのブラウスが登場。

サッシュベルトやコルセットベルトとともに、今年の春ファッションでは、チョーカーも引き続き、春小物のトレンドアイテムになっていますよね。

「黒チョーカーは目立ちすぎるのでちょっと…」

という人には、今年の春は、光り物やメタルモチーフの女っぽいチョーカーもおすすめです。

ウエストマークとともに、首元マークも引き続き流行っているので、ゴールドで重ね付けデザインが魅力の2連チョーカーや、シルバーで輪っかのデザインが可愛いワイヤーチョーカーなどなど…。

今季は、チョーカーのバリエーションも、さらに、豊富になっています。

チュールレース切替トップス
チュールレースデザイン切替カットトップス ダズリン dazzlin

今年のレディース春服で、レトロな刺繍アイテムとともに、注目を浴びているのが、透け感が圧倒的に女らしい雰囲気を演出するレース素材のアイテムです。

例えば、20代~30代の女性に人気のダズリン(dazzlin)の春トップスでは、ウェディングドレスに使われるような花柄のチュールレースが肩と袖の部分に採用され、デニムパンツに合わせるだけでも、女性らしいコーディネートにすることが出来るようになっています。

バッグや帽子などの春小物は、フェミニンなものを合わせるのが定番ですが、キャスケットやスニーカーなど、カジュアルで、ちょっとボーイッシュなアイテムを組み合わせて、バランス重視のミックスコーデにする…という手もあります。